プチ陶芸・たからの器づくり#2

| コメント(0) | トラックバック(0)

100627a.jpg

今日は、前回好評だった、たからの器づくり第2回。
陶芸家のREI先生による、プチ陶芸体験講座です。
あいにくの小雨でしたが、
集まった皆さんはさっそく庭へ。
器に刻む植物を探します。


100627b.jpg

たからの庭の植物たち。
緑が若々しくて、きれい。
葉脈がしっかりした葉を選ぶと、器の柄がつきやすいです。


100627bb.jpg

今回はお皿と、湯のみと、お好きな方を作っていただけます。
REI先生の説明に聞き入るみなさん。


100627c.jpg

さっそく、採取してきた葉っぱを好みのカタチに置いて行く作業から。


100627d.jpg

6月の鎌倉の代名詞ともいえるアジサイの花びらを
模様にしたいという方も。
でも、花びらは薄いので柄が刻まれるか心配。


100627e.jpg

この方はクローバーの葉を集めて、
アジサイの花の模様を描いています。


100627f.jpg

ほら、こんな風に、アジサイが。
工夫しましたね。ステキ。
この作品は湯のみではなくて、お皿のようです。


100627g.jpg

湯のみにしたい方は、
柄を描いた土の板をくるくるっと巻いて筒状にして、
それから底をくっつけます。
この時、穴があいていると水が漏れてしまいます。
今回、REI先生が一番気を使った点。


100627h.jpg

最後に、残った土を使って「にぎり地蔵」作りを。
ギュッと握って、合掌の手をくっつけて、竹串でお好みの顔を描きます。
みなさんのお地蔵さんが全員集合したら、とても可愛いーー


これもお皿や湯のみと一緒に、REI先生の工房で焼いていただきます。
完成は来月末。
どんな具合に焼き上がって来るか。とっても楽しみですね。

続きは・・・こちら↓↓
http://takaranoniwa.com/blog/2010/08/2-1.html

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://takaranoniwa.com/mt/mt-tb.cgi/264

コメントする