1月の雑草部は樹木部です

| コメント(0) | トラックバック(0)

とっても寒いにもかかわらず、今月も満員御礼!
ありがたいことに人気が定着したらしい樹木部こと雑草ワークショップです。

11_115l.JPG

まずは、浄智寺谷戸をプチ散歩して
咲き始めたウメとロウバイをご案内。

ロウバイは、花のない真冬に、ほかに先駆けて一番に咲く花なんだそうです。
佐々木部長(↑)いわく「ロウバイがなかったら、今は花がない季節になっていた」と。
春が来るよ、と一番にメッセージを送ってくれる花。
そう考えると、たよりない透き通るような黄色い花びらにもロマンを感じます。


11_115m.JPG

今日は、午前中たからの庭の裏山のヤブを一部払ったので、
前人未踏だった場所へご案内できました。

そこで発見したツルマサキ。
鎌倉石を切り出したらしい(鎌倉時代に??)崖の上から堂々と垂れています。


11_115n.JPG

この羽毛みたいなホワホワは、テイカカズラの種。
けっこうたくさん落ちているけど、これ発芽するのかな。


11_115o.JPG

ツルッと立派な大木は「ホオノキ」だそうです。
ホオノキっていわれてもピンとこなかったけど、
葉っぱを見ると、、、


11_115p.JPG

朴葉寿司とか朴葉焼きとか、料亭とか地方の宿でお目にかかるアレじゃないか。
こりゃ、鎌倉惣菜さんのお料理ワークショップのネタとして使える!
というよりも、たからの庭の名物料理として出したらいいんじゃないの?
温泉宿みたいに・・と誰がいい出したやら。


11_115r.JPG

原種に近いようなサザンカもありますよ。
ここですっかり「たからの庭改メ、さざんかの宿」って話題に。
ちょっと、それ、一定の年齢層以下には伝わらないから。


11_115s.JPG

そんなわけで、冬の間は樹木部と銘打って開催された「雑草ワークショップ」。
上を見上げながら話を聞くことが多かったですが、
ふと足元に目を落とせば、ほら、ハコベがしっかり顔を出しています。

次回、2/26(土曜)のワークショップでは、もう草の話ができるかな?
>>http://takaranoniwa.com/program/workshop/post-17.html


※参加者のハルコさんが>>ブログでステキに紹介してくれました!
ありがとう!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://takaranoniwa.com/mt/mt-tb.cgi/339

コメントする