はたけ部、11月

めずらしく、はたけ部長・清右衛門がお送りします。
11月20日のはたけ部レポートです。
日ごろの行いがいいせいか、前日までのざんざん降りが嘘みたいに晴れ。ありがたい! 基本的に放置を旨とし、まったりのっそり活動しているはたけ部ですが、収穫の喜びだけは味わいたい!というムシのいい部でもあります。
さっそく獲物を探すと...

111120-1.jpg

あったあった。副部長(※広島カープファン)が収穫中なのは、赤い赤いトウガラシ!


111120-2.jpg

看板娘・温ちゃんが、なんか雑誌風にポーズ!かじったらちゃんと辛いです。
乾燥して鷹の爪に...ギャラリーのういさんちでお料理されることに。
まだ花が咲いてるからなるかもしれません。

さて、さくっと収穫を済ませたら、年明け開催予定の鍋会用の白菜のお世話です。
開拓中の高台から、金宝山の木々の落ち葉が降り積もってできた腐葉土を調達!
ふっかふかで真っ黒ないい土です♪ 
農家の方がつくる堆肥も、原理は同じ。
自然の作ったものをちゃっかり頂戴します。ふふふ


111120-3.jpg

鍬で畝の間の土を寄せていきます。
通気性を増して、根を張らせるために大切な作業です。
土を寄せたら、山からとってきた腐葉土を足していきます。
ふつうの畑よりものんびりですが、こうして土をよくしていきます。


111120-4.jpg

そして、毎年が実験のはたけ部。
この冬はタマネギにチャレンジ!
白菜鍋といっしょにオニオンリングを揚げたいという声に背中を押され、
ひょろっとした苗ですが30本ほど植えてみました。


111120-5.jpg


タマネギは水はけがよくて、日当たりがよいと生育がよろしい、
という、定説に真っ向から挑んでますが、その場の環境に野菜くんたちがどうやって合わせてくれるか。限界に挑戦してるって感じでっ!
せめて、丸くなってね。タマネギくん。

最後に、落ち葉で軽くマルチング。ビニルマルチは使いません。
ちょうどヤマモミジがはらはら落ちているので、畝の間に間に紅葉の錦。
こうしてみると、畑がもうちょっと風流になったりします。

111120-6.jpg

次回は12月23日。野菜たちの健闘を祈る!