月と暦と日本酒の会 神無月

| コメント(1)

111112c0.jpg

11月12日は、月と暦と日本酒の会。

このところ、元祖・宙ガールとして業界関係者の注目を集めるかわいじゅんこさん。
今日は空が曇っていて、月が見えるかなあ?
十六夜、なんですけどね。

111112c1.jpg

今日は旧暦だと10月17日。
10月は神無月といわれています。
それはなぜか、知ってます?
神様がみんな出雲大社の顔合わせ会に出席しているからなんですよ。
そして出雲大社ではこの時期「神在祭」が開催されています。
ちょうど今頃、神様たちが帰り支度をしている時分・・なんてお話には
ワクワクしちゃいます。


111112c2.jpg

さ、今日の日本酒1本目を
save sake projectのテツさんがご案内下さいました。
福島県の国権・特別純米 夢の香85

被災を免れた貴重な日本酒ですね。
去年のお米を使っているので、安心してお召し上がりください。
こんなお断りを入れなくてはいけないことに、とても胸が痛むのですが・・


111112c3.jpg

そして、いつもの>>そらcafe・keicoちゃんによる今日のごはん。
れんこのシューマイ。
にんじとだいこのサラダ。
だいこんのもちきび煮。
高野豆腐の磯辺揚げ。
まい太巻き(かぴょう、いげん入り)。

実は、「」のつく食べ物を7こ冬至に食べると風邪をひかないという。
惜しい、あと一個。と思ったら、「こぶだし!」ナイス!


111112c4.jpg

おいしい日本酒とおいしいごはん、そしておいしいお話。
2本目の山口県の大吟醸しぼりたて生酒「獺祭(だっさい)」を開ける頃には、
ほんのり頬がピンクになった方もいらして、参加者さん同士のお話もはずみます。
たからの庭のとりたて柚子も花を添えます。


111112c6.jpg


帰り際に、望遠鏡をかついで浄智寺さんの下まで。
月が見える場所で望遠鏡をのぞくと、見えました!
明るい月なので、雲のベールの向こう側にいてもくっきりと!
クレーターまで見えて、大興奮!!

ちょうど浄智寺さんでは、「縄文トランス・ラビラビとお経のコラボ」というびっくりなライブが行われていて、たくさんの方が集まっていてにぎやかでした。
聞こえてくるビートにあわせて、わたしたちは月を拝んで、
鎌倉に帰ってこられる八百万の神様たちにお祈りしました。






コメント(1)

7個揃ってよかったです!!
今回の日本酒も美味でした。