4.21みちくさ部 たからの庭、百花繚乱!

みちくさ部長・清右衛門です。
春本番!にわかに落ち着きがなくなってきたみちくさ部長は(いつもか...)気がつけば毎日花の写真を撮っています。そんなに毎日撮ってどうするんだということもありますが、ついつい撮ってしまう...そしていつまでたっても整理ができない(泣)

さて、この日も撮影しながらたからの庭へ向かいます。
おお、このニリンソウの至福の輝き...美しい。とても美しい。

120421-1.jpg

この調子で、今回のみちくさ部はまさに百花繚乱!
気の向くまま、目についた花のお話をしてるだけでもいつの間にか時間が経っているほど。嬉しい悲鳴です。
さて、トップバッターはオオバタネツケバナ。食べるとクレソンみたいな味がします。クレソンよりもエグ味がなくておいしいかも。
しょっぱなから多めに食べてもらって飛ばし気味です。

120421-2.jpg


百花繚乱といいながら、ひそやかに咲く花ばかりを選んでいきます。
たからの庭の春はささやくようにはじまって、小さく歌うように流れていきます。
ツルカノコソウ。白と淡い茶色の取り合わせが鹿の子模様のようで、この名前がつけられました。鎌倉ではとても多く見られます。

120421-3.jpg


つづいて、駐車場に下りまして最初に出したニリンソウの観察。
「二輪草」と言いながら、一輪だったり三輪だったり...自然はきまぐれですね。
じゅうたんみたいに広がった葉っぱの間から白い花がぽつぽつ伸びています。ここで、葉っぱをとっておきます。理由はのちほど...

120421-4.jpg


たからの庭のお宝認定植物・カテンソウも今が見ごろ。。
どうも最近、鎌倉市内で浄智寺谷戸でしか見かけないような気がして、想像以上に貴重なのかも?と思って、さらに探しているところです。
もちろん、まだまだ探検してない場所はたくさん!見かけた方はお知らせくださるとありがたいです(^^)/

120421-5.jpg


毎年鉄板の人気を誇るのは、大きくなると性転換する不思議な植物ウラシマソウ。
ひょろろりと伸びた「釣り糸」が浦島太郎を思わせます。
この写真のあと、釣り糸を切ってしまって非難にさらされる部長でありました...

120421-6.jpg


今日の主役はこちら! ヤマブキさんです。
母屋の前からも見えるほど鮮やかな黄色!! 
花も大粒でとても見ごたえがあります。ちょっと足元が悪いけど...頑張って見に行きました。

120421-7.jpg


最後に、いちばん大事な話。毒のあるトリカブトとニリンソウ、実は同じキンポウゲ科で葉っぱが似ています。
鎌倉には実はトリカブトがたくさんありますが、毒とはいえ美しい花を咲かせます。
きちんと知って付き合っていけばとても魅力的な植物です。
事故が起こらないように、念入りに違いをご説明しました。

120421-8.jpg


ささ、お楽しみのプチ和菓子はちょっと趣向を変えて、「浮島」が大きな豆のような器に盛られています。真ん中には桜餡♪ 一足早く桜は終わってしまいましたがこうして味覚でお花見を楽しむことができました。実はまだ半分くらいしか花の説明ができていません... 次々に咲く花に追いかけられる...そんないつもの春です。
次回は5月26日!ご参加お待ちしています!

120421-9.jpg


◇ゴールデンウィーク「春ピクニック」期間中は毎日みちくさ!
 5/3(木・祝)13:30~ 5/4(金・祝)&5/5(土)10:30~、13:30~
 大人気!みちくさ部長、清右衛門氏の春のみちくさスペシャル。学校の授業みたいに基礎講座やります。約1時間、1500円。希望日時と人数を明記のうえ、>>メールでご予約下さい。