月暦の会。薪窯火入れspecial

| コメント(2)

120714k.jpg

7月の月と暦の会。
七夕シーズンということで、
庭に「七夕ロード」が出現しました!
星のおねえさんことかわいさんが、昼間せっせとしつらえてくれました。
暗くなってくるとホタルの小径みたいでムード満点です。

120714s.jpg

本日save sake projectが用意してくれた日本酒2種。

●まんさくの花 純米吟醸 杜氏直詰生原酒【秋田県】
 杜氏さんが瓶詰をした限定360本のお酒。手書きラベルが雰囲気出てます。

●春霞 美郷錦仕込 純米吟醸 限定 無濾過生23BY【秋田県】
 無濾過ならではのとろみと、すっきり爽快な後味で食中酒向けのお酒。

冷やしてゴクッといきたい感じ♡


120714l.jpg

今回も満席です。ありがとうございます。
7月半ばというのに、旧暦ではいまだに5月。
今年は閏月で弥生(3月)が2回あったせいで、新暦と旧暦のズレが大きいんですね。

てな話のあとで、さっそく1本目の日本酒から。
原酒なので、アルコール度数が高めです。
夏はキリっとしていいですよね。


120714m.jpg

夏はお祭りやイベントが多い季節です。
6月30日には名越の払え、7月の七夕。
お盆もあります。
お盆や七夕は、土地によって太陽暦だったり、旧暦だったり、
はたまた太陽暦の1ヶ月遅れになってたりといろいろ。
ご先祖様も間違えないかしら?


120714n.jpg

お食事は、そらcookingのkeicoちゃん作。
七夕の五色の短冊にちなんだ玄米五色巻、
星のお寿司、
短冊風の凍み豆腐の磯辺揚げ
小豆の煮もの、、などなど。
中央で立っているのはキュウリのピクルスの精霊馬!
あの、お盆に登場するお馬さんを手づくりしてくれました。


120714o.jpg

2本目のお酒も開けて、お料理といっしょにゆっくり味わっていただきます。
今回は特にお一人参加の方が多くて嬉しかったです。
お酒にお詳しい方(=お好きな方)も多かったみたい。
save sake projectのテツさんとお話が弾んでいました。


120714p.jpg

そして今夜はサプライズが!
ちょうど薪窯の火入れが行われるタイミングと開催が重なったので
参加者全員で薪に火をつけさせてもらうことに。
まずは窯の神様にお祈りします。
「無事に焚き上がりますように・・」


120714q.jpg

一人づつマッチを擦って窯の焚き口の中に。
ここで燃え始めた窯の火は
最終的に1250度の温度を目指して2泊3日燃やし続けます。
檀上先生はじめ、寝ずの番をする窯部の皆さん、
どうぞ無事故でがんばってください!


120714t.jpg

忘れていません。
土星もちゃんと観ました!
雲が多くて、樹のかげに入る一瞬だったけど。
全員が望遠鏡をのぞいて土星の輪を確認しました!

もっとゆっくり星空観察をしたい方は、
梅雨があけてからの旧暦七夕イベントの日(8/24金25土)にいらしてください。
お待ちしています!

コメント(2)

お馬さん、ちゃんと立ってますね(笑
楽しい夜でした。
ありがとうございました。
モ○’s キッチン風衣装の
テツがちょっと笑える…

今回体調を崩し、急遽キャンセルしてしまった者です。
素敵な会になったようですね!行きたかった、残念です(>_ 次回開催には参加出来るように治療に努めます!