みちくさ部 10.6 秋、静かなるカラフル

| コメント(2)

みちくさ部長・清右衛門です

今年は夏がとても長く感じました。そのせいか、このところ、
一気に秋が駆け足で深まっている気がします。
短いけれども、充実した秋になりそうな予感。

121006M1.jpg

さっそく、みんなで見ているのはなんでしょう??

121006M2.jpg

実はこれ、猛毒のトリカブトです。苦節(?)3年、
ようやく咲きました。開墾して光が入る前は球根で眠っていたようです。
猛毒ですが、鮮やかなブルー。とてもきれいです。
ちなみに、鎌倉じゅうにありますから見かけてもびっくりしないでくださいね!


121006M3.jpg

もうひとつ、前回のお掃除会のあとに急に現れたのはメナモミ。
お花がバッジみたいに服にくっつきます。

今日はそんな調子で服にくっつくシリーズを取り上げました。
草の実がよく、服にくっつきますよね? 
それらは動物散布と言って、動物の毛皮について生活圏を広げているのです。

こんな風にするとアクセサリーみたいですね!

121006M4.jpg


真夏のあいだひっそりしていたのが、今一気に花盛り。
花を見るのになかなか忙しい!

例えば、虫めがねで見るのはウリクサ。
ほんの5mmにも満たない花ですが、とても可憐です。

121006M5.jpg


あとは、オオバコの花も拡大して見ちゃいます。
虫めがねがあると世界が違って見えるね。

121006M6.jpg


花盛りなのはイネ科の植物。まったく華やかさはないけれど、形が面白いのです。
最近、あまり電子機器らしくないiPadの上に並べてシルエットを確認!

121006M7.jpg


楚々として美しいヨメナの話をしていたら、ヒラタアブが蜜を吸いに!

121006M8.jpg


すこし暖かくて、でも抜けていく風はさわやかな秋の気配。
風にはキンモクセイの薫りがふわりと混じります。
木の下には橙色のじゅうたん!

121006M9.jpg


そして、本日のプチ和菓子のモチーフもキンモクセイ!!!
かわいらしいお花のかたちをちょこんとあしらって、
餡は伊予柑で、見ておいしく、食べて爽やか。

121006M10.jpg


この日はおあつらえ向きに和室だったのですが、
なんだかみなさん去りがたく、いつまでもみちくさ談義に花が咲きました。

121006M11.jpg


次回は、11月23日(金・祝) 午前中は>>いけばな。草月流の芳野敬子さんとのコラボ企画! 
午後は本家・みちくさ部です。
たくさんのご参加をお待ちしております!

コメント(2)

トリカブトやっと咲いたか!
見たかったなー

たからの庭のトリカブトは、よそのより瑞々しくて凛としていました♪