煎茶道、体験してきました

130204a.jpg

2/3日と4月は、煎茶道・黄檗賣茶流のワークショップでした。
本日は「初手前三法」のうちの、啜り茶が体験できます。

130204b.jpg

まずは、全員で瞑想から。
この気持ちを落ち着ける感じ、いいですね。


130204c.jpg

唐木先生が、全体の流れを説明してくださいます。
黄檗賣茶流は立礼(りゅうれい)と言って、椅子席で行うお手前。
正座が苦手で茶道ができないという方でも大丈夫。
今日は、入門したという、かほり紫の紫さんがお手伝いに来ていました。


130204d.jpg

初手前三法はワークショップスタイルですが、
お茶の量やお湯の温度まできっちり教えてくださいます。
ここで体験したことを覚えれば、ご自宅でもおいしいお茶を淹れることができます。


130204e.jpg

啜り茶は、玉露と煎茶をまぜて使います。
お茶の葉を傷つけないように、といった気遣いにもハッとさせられました。


130204f.jpg

こちらのお茶碗や茶托は、
この煎茶ワークショップのために作られたもの。
フタに吸い口が開いていて、そこからお茶を啜ります。


130204g.jpg

みなさん、姿勢がとってもいいですね。
指を揃えて、肘の角度でも美しさが違ってきます。
こんな風に、意識して背筋をのばすこと、
たまには必要だなと感じました。


130204h.jpg

啜り茶は、玉露の香りやうまみを味わえて、
同時にノドもたっぷり潤すことができます。
これ、お客様にお出ししたら、ビックリされるでしょうね。
ぜひ覚えておきたいです。

二杯目をいただく時に、お菓子登場!
もちろん手毬さんの椿もちです。


130204i.jpg

「初手前三法」啜り茶は2月で終了し、
3月4月は玉露、5〜7月は冷煎になります。
この3種をマスターすると、
黄檗賣茶流の「茶司」というお免状をいただけるのだそうですよ。
煎茶の体験、されてみたらいかがでしょうか。