旧暦お正月、おめでとうございます

130210a.jpg

2月10日、今年があけました。
旧暦のお正月です。
あけましておめでとうございます。
「月と暦と日本酒の会」スペシャルバージョン、
『旧暦で祝うお正月』は、昼の部夜の部とダブルでおめでとう。

130210b.jpg

星のおねえさんこと、かわい先生も
今日はお正月らしく華やかな色無地のお着物です。
旧暦のお話をひとしきり。
世界のお正月のお話なども織り交ぜながら。

130210d.jpg

お正月といえば、何はなくともお屠蘇ですよね。
今回は、かほり紫さんブレンドの特製「屠蘇酸」を
立春初しぼりのお酒に一晩つけて
オリジナルお屠蘇をつくってみました。
紫さんの解説つきで召し上がってみてください。


130210e.jpg

ところが屠蘇器の用意を忘れまして・・(汗)
ま、おめでたい初しぼりのラベル付き酒瓶なので
失礼させていただきます。

いまや、屠蘇酸からお屠蘇を作るご家庭も減ってしまってますよね。
紫さんのお屠蘇はちょっとスパイシーな香りで甘くて、
身体にも良さそうで、
とにかく美味しいです。びっくり!


130210c.jpg

ここで、save sake projectのテツさんが本日のお酒のお話。
広島県:加茂鶴酒造 あらばしり吟醸生原酒
山口県:旭酒造 獺祭 純米吟醸48 寒造早槽
そしてもう1本は、会の常連さん、井川おじさまからの差し入れ。
ご本人がお米づくりから参加されている日本酒、
山梨県:七賢人の新酒です。
どれもおいしいー!


130210f.jpg

待ってました!お料理登場!
和ごころ伝承協会の横山さんのおせちです。
かぶの奉書巻き、鞍かけ豆の煮びたし、鶏の松風焼き
炒めなます、ピーナッツ和えの田作り、昆布巻き
松前漬け(数の子)、牛肉の八幡巻き、黒豆大豆の味噌羊羹
ごぼうの漬け物
おぞうには丸もちの京風です。
こんなおいしくてお酒にあうおせち、毎年食べたい!
感動!!


130210g.jpg

そして、お正月のしつらえを担当してくださったのは
同じく和ごころ伝承協会の縁さんです。
お飾り、ひとつひとつにいろんな意味があるんですね。
説明をうかがって、「へええー」の連続。
日本人、奥深い!


130210h.jpg

最後に、お茶は手毬さんの椿もちで。
たからの庭の椿の枝から、
私たちが1枚づつ摘み取った葉っぱで作って下さっているので、
特別に感慨ふかくいただきました。


130210i.jpg

昼の部は、お誕生日の方がいらっしゃったので
手毬さんの特製バースデー和ケーキも登場!!
感激感動のサプライズパーティになりました。
(松田さん、ごちそうさまでした)


130210j.jpg

今回のオールキャストと、昼の部ゲストの皆さん。
お着物の参加の方も多くて、
お正月らしく華やいだ、温かい会になりましたね。
ほんとに気持ちいいスタッフとお客様に囲まれて、幸せな一日でした。
あれ!?縁さん、Vサイン出してる(笑)