みちくさ部は、しみじみと味わう春。花は桜木、草は猫の目?

みちくさ部長、清右衛門です。
寒い寒い冬が、突如終わったような今年の春です。
のんびりと梅の話をしようとしていたら、
なんともうシャガが咲いていました。
マラソンのつもりが100mスプリントだった...そんな気分です。

1303311.jpg

というわけで、ちょっと季節に置いてけぼり気味ですが、
3月のテーマは「椿とネコノメソウ」です。
まずはいつも通り、地形のお話から。
このあと法事のため、なぜか革靴の部長。
革靴でも躊躇なく山に入れるのがささやかな自慢です(?)

1303312.jpg


今日の主役は、椿...というよりは、このひと。ヤマネコノメソウ。
地味な地味な地味な花ですが、部長の心のオアシス。
いったんは卒業論文のテーマにしようとした思い出の花です。
地味でも、ひそかに鎌倉らしい花でもあります。

1303313.jpg


保安官バッジ、カテンソウも花盛り!

1303314.jpg


シデコブシの周りがすっかり春めいて、
シャガにムラサキケマン、チューリップまで咲いています。
ハコベもコハコベも白い星のような花を開いています。

1303315.jpg


この時期は小さな花が多いので、虫めがね大活躍!
キュウリグサを拡大して見ています。

1303316.jpg


こんな風に、小さくてもワスレナグサそっくりな繊細な色合いです。

1303317.jpg


山道を登って行ったらワサビがみずみずしい葉を広げていました。
さっそく配給!
「うわ、来た!」「辛い!」なんて、いろんなタイミングでやってくるワサビの辛味。
部長はそれを聞いてほくそ笑むのでありました。

1303318.jpg


山を登って世界一の椿の元へ。
折れてしまった姿はなお痛々しいですが、
それでも強い存在感を放っています。

1303319.jpg


遠くの山を仰げば、新緑が霞のように萌え出ていました。
錦のように山を染め上げる新緑・・・これもまた日本らしさ、鎌倉らしさです。

13033110.jpg


下山して、お待ちかねのぷちお菓子タイムは、
「葉桜のきなこクッキー」桜型のきなこクッキーには、
桜パウダーが入っていて、桜餅のような香りがします!

13033111.jpg


畑の方から見上げれば、山の上にオオシマザクラが真っ白に咲いていました。
鎌倉の山は桜山。
少しだけ寒くて、うきうきとした春というよりは、
しっかりと踏みしめるような春の日でした。

13033112.jpg


来月のみちくさ部は4月14日(日)13:30~です。
スミレをテーマにお送りします。気温もぐっと上がって、春本番です。
ふるってご参加ください!

※一部写真はみちくさ部員矢部さんご提供です。ありがとうございました!