4月の和菓子は、sakura さくら♡

130413j.jpg

4月の和菓子づくり講座は、きんとん仕立てのサクラです。
かわいくチョウチョやお花をのっけて、手毬仕様。
黒いお盆にキラキラと緑が映っています。

130413k.jpg

映っていたのは、こちら。
たからの庭のシンボルツリーとも言える紅葉です。
いま、花が咲いて、かすかにいい香りを漂わせているんですよ。


130413l.jpg

今日も可愛らしいお着物の御園井先生。
まずは、皆さんの前でデモンストレーション。
笑いもこぼれて、楽しそう。


130413m.jpg

はい、さっそくやってみましょう。
一人、いかつい背中の男子も混ざっておりますが、
乙女の気分で、かわいく美しく作ってくださいね。


130413n.jpg

今回のポイントは、なんといってもきんとんです。
アミをポンポン、トントンと叩いて作りますが、
これが簡単そうに見えてなかなか塩梅が難しい。


130413o.jpg

あら、キレイな春色のきんとんが出来上がりました。
これを、あんこに上手にからめていきます。
色のバランスや形はお好みで。


13041q.jpg

みなさんが乙女チックに春色に染まっている間に、
今日のサプライズのメニューが完成!
なんてキレイなんでしょう。
アサリのご飯と、タケノコと、菜の花と・・。
春の食材がふんだんに使われています。
アップルの香りのバルサミコ酢、これが美味しい♪


130413p.jpg

本日のサプライズを作ったのは、
手毬スタッフの浅田さん。
グリーンピースのスープの中に、
エビの白玉包みという和菓子処ならではの発想、クリエイティブですね。
お見事でした!


130413q.jpg

みなさん、すっかり幸せ気分になって召し上がっています。


130413r.jpg

そして極めつけは、お食事の最後に登場したサクラの練りきり。
御園井先生が、檀上先生の指導で作ったというお皿もピッタリ。
お上品な盛りつけで、春らしさが全開です。

今年は3月にサクラのピークが来て、
早くもシャガが咲きそろってしまって、
なんだか慌ただしかったけど。
こうした季節感を大切にする日本の文化って、やっぱりいいな。