リベンジ・中秋の名月を愛でた!

13091901.jpg

今年の中秋の名月は、9月19日(木)。
たからの庭では、月と暦と日本酒の会スペシャルとして
当日の夜にお月見の会をすることになりました!
ススキと日本酒とお団子と障子に縁側。
いまや、こんな景色も珍しくなりましたよね。

13091902.jpg

平日夜の開催にもかかわらず、満員御礼。
15日の夜に開催を予定していた「月と暦と日本酒の会」が、
台風の影響でやむなく中止になってしまい、
そのリベンジ企画として開催されました。
やっぱり、お月見は当日!というこだわりの皆さん。
ありがとうございます。


13091903.jpg

さて、風流に月を眺める前に、
基本中の基本、満月と地球と太陽の位置についてお勉強。
かわい先生はロマンチックなお話だけじゃなくって
こういうサイエンスも教えてくれます。

あれ?みなさん、ちゃんとついて来てますか??


13091904.jpg

十五夜のお団子は15個。
盛り物は、秋の収穫物を中心に。家にあるもので十分です。
ただし芋名月だけに、サトイモは欠かせませんね。
そしてお月見の楽しみと言えば、おいしい日本酒!


13091905.jpg

今回もsave sake projectのテツさんがセレクトしてくれました。
■惣誉 純米吟醸 ひやおろし 五百万石
■墨廼江 純米吟醸 中垂れ
テツさんにかわり、一夜漬けの日本酒ガンチクを語るかわい先生。


13091906.jpg

お料理は、葉山のノムリエルさんが作ってくれた「ベジ寿司弁当」。
和ごころ伝承協会さんのお月見膳をお出しできなかったのは残念ですが
玄米の酢飯に、オクラやドライトマトがのったお寿司、
ヘルシーでお月見らしい風情があっておいしかったです。


13091907.jpg

本日初めて会ったみなさまですが、
おいしいお酒と日本酒と、これから現れる月へのワクワクで
楽しくお食事が進みました。


13091908.jpg

夜8時になりましたが、
この時間の月はまだ低いので、山に囲まれたたからの庭からは見られません。
浄智寺さんの入口まで降りて来て、
ようやく輝く月に出会いました。
その明るさに、みなさん「わーっ」と大感激!


13091909.jpg

さっそく、望遠鏡をセットして満月を観てみましょう。
この集団、あやしい・・ですか?


13091910.jpg

ひとりづつ、望遠鏡をのぞいて中秋の満月を見ていただきます。
あまりの明るさに目が痛くなるぐらい。
今夜は、8時12分頃にちょうど満月を迎えるというので、
みんなでカウントダウンしながら、その瞬間を待ちました。


13091911.jpg

はい、望遠鏡にうつった今宵の満月です。
(カメラを望遠鏡ののぞき口にくっつけて撮影成功!
 ちょっと欠けているのは、ご愛嬌。)

満月パワーを全身に浴びて、
手を合わせて。
とってもステキなお月見会ができました。
片見月にならないように、十月の十三夜も見上げてくださいね!

次回、>>月と暦と日本酒の会は、11/17(日)。
テーマは、神無月と七五三です。