霜月の精進料理教室

131113.jpg

11月の精進料理教室は、収穫からスタート。
今回、天ぷらがメニューにあるので
せっかくだから、お庭にあるものを摘んで揚げていただこうと。
滅多にない機会に、みなさんワクワクです。

131113aa.jpg

今月もパワフルに登場の入江亮子先生。
精進や日本料理の基本をしっかり押さえながら
家庭でも再現しやすいレシピを用意してくださいます。
片栗粉と小麦粉だけで、揚げ粉を作成中。


131113c.jpg

日本からなくなりつつある珍しい食材をご紹介くださるのも
入江先生のこだわりの一つ。
今回は六浄豆腐という、いまや日本で1家族しか作っていないという
「ナタで削ったお豆腐」が登場しました。
山伏が考え出した食材で、鰹節に似ていることから精進節とも呼ばれるそうです。


131113f.jpg

こちらはさつまいもの甘煮(栂尾煮)ですが、
みょうばんやクチナシを使う事で
身くずれなく、色がキレイに仕上がります。


131113b.jpg

さて、先ほど庭で収穫してきた葉っぱは3種。
三つ葉と、雪ノ下と、どくだみ。
いわゆる「雑草」の部類ですが、揚げてみますか。


131113a.jpg

片面だけに衣をつけて、さっと揚げます。
これはメニューにない品なので、揚がったそばから皆さんでつまみ喰い。
うーーん、美味しい!
草独特の苦みとか臭みがありますが、それもまた、ありがたい感じがします。
庭でとれたものをそのまま味わうというのが、何よりも贅沢です。


131113e.jpg

メニューの揚げ物は、納豆揚げ2種。
こちらの大葉はさみと、
崩した豆腐と、ヤマトイモのすり下ろしとをまぜた「岩石揚げ」。


131113ii.jpg

はい、こんな感じにからっと揚がります。
大変だから家で揚げ物はやらない・・という参加者さんが多かったですが、
こんな手軽においしく天ぷらができるなら
挑戦してみようという気になりますね。


131113jj.jpg

ムカゴの炊き込みご飯もいい感じに焚き上がりました。
盛りつけましょう。


131113kk.jpg

本日のメニューは日本食の基本、一汁三菜で、
むかごご飯
六浄豆腐の茸汁
しめじの海苔和え
納豆揚げ2種
サツマイモの栂尾煮 です。
大変おいしくいただきました!!
ごちそうさま!
来月はおせちだそうです。

追伸:
入江先生がブログで植物の天ぷらのことを書いたところ、読者の方が高田郁著の『みをつくし料理帖』に雪ノ下の天ぷらのことがでているよと教えて下さったそうです。「花散らしの雨」という巻の「俎橋から」という項に出ているとのこと。よかったらご一読ください。