11.24みちくさ部は、サザンカとユズの香り

みちくさ部長・清右衛門です。

すっかり日が短くなり、日に日に冬の底・冬至が近づいてきています。
日が短くなると、たからの庭に差し込む陽の光は極端に少なくなって、
陽の光の暖かさをしみじみと実感します。

今日の主役は、満を持して、サザンカです。

13112401.jpg

なんとなく、秋の花とツバキと紅葉に紛れて、
脇役になりがちなお花ですが、控えめなればこその名脇役ぶり。
今日は、ちょっとだけ脚光を浴びてもらいましょう。

まずは、浄智寺谷戸を少し下って、道沿いの生垣に植えられた
いろいろな品種のサザンカを眺めつつ、冬支度の植物を楽しみます。
たとえば、今が盛りのヤツデの花はなかなかいい匂い。
みんなで嗅ぎます。

13112402.jpg


こんな染め分けもあったりして、全部で10品種弱見たでしょうか。
華やかさよりもしっとりとした佇まいに心惹かれます。

13112403.jpg


そして、あまり知られていないのですがサザンカのお花って
実はとてもいい香り。少しだけくせがありますが、ジャスミンにも負けません。
そしてまたみんなで嗅ぎまくります(笑)

13112404.jpg


冬で葉を落とした桜並木も、
樹木医(若葉マーク)になったニュー部長にかかれば、
ネタの宝庫です。たとえば、苔がたくさんついている木は、
成長がゆっくりになっている証拠。とか。
桜の木のウロには、なかから根っこが出てくるよ!とか。

13112405.jpg


たからの庭に戻ってくると、どんぐりがどっさり落ちています。
ここにあるのはおもにコナラのどんぐり。
年によって豊作凶作があります。
拾ってみると、早くも根がにょろにょろと。

13112406.jpg


どんぐりの豊富な栄養でまずはながい根を出して、
水分を確保してから葉っぱを広げるのがコナラの作戦です。
またしてもみんなで眺めます。みんなでしゃがめば怖くない!

13112407.jpg


坂をのぼっていくと、豊作のユズの木が。
先日の収穫ではこんなに穫れました。とてもよい香りです。

13112408.jpg


そんな、ユズの葉を太陽に〜透かしてみれば〜♪
13112409.jpg

精油成分がつまった部分が、星みたいに見えます。
柑橘類の特徴なのです。

13112415.jpg


今回のおやつは、そんな豊作のユズを贅沢にたっぷり使った
末さん特製のマフィンです。
味わい深い国分寺茶といっしょにどうぞ。

13112411.jpg


日なたを求めてみちくさしましたが、なかなか寒かったですね。
マフィンとお茶でほっこりして、素敵ないちにちになったなら幸いです。

13112412.jpg


次回のみちくさ部は、12月21日(土)13:30〜
http://takaranoniwa.com/program/workshop/michikusa.html
クリスマスに登場する植物を特集します。ふるってご参加ください!