月と暦と日本酒の会 弥生

14032901.JPG

ほぼ隔月開催の「月と暦と日本酒の会」。
3月は、ひな祭りです。
4/2水の旧暦の桃の節句にちょっぴり先駆けての開催。
ホールには、かわい先生持参のお雛様が飾られました。

14032900.jpg

save sake projectのテツさんが、
今日もステキな日本酒を用意してくれましたよ。
どちらも宮城県のお酒。
震災で被災した東北の蔵本を応援したいという、プロジェクトの基本に返ってのセレクション。


14032902.JPG

まずは和室にて、和ごころ伝承協会・縁さんから、桃の節句のしつらいのお話をうかがいました。
女の子が無事に成長し、子宝に恵まれることを祈る「桃の節句」。
詳しくは>>http://takaranoniwa.com/blog/2014/03/post-257.htmlこちらのブログをご参照下さい。
今日はお着物でご参加の女子がとっても多くて、和室も華やいだ雰囲気に。


14032904.JPG

ではホールに戻って、宙の学校・かわいじゅんこ先生のお話です。
さきほど和室で見ていただいた
「曲水の宴」や「ひなあられ」のいろいろなどを写真を交えてご紹介くださいます。
♪〜灯りをつけましょ、ぼんぼりに〜 の歌に隠されたヒミツや、
お雛様の並びとGHQの闇の関係などなど。。。面白い!


14032903.JPG

お話を聞きながら召し上がっていただいたのは
こちらの珍しい赤いお酒。
カワセミ工房さんからの差し入れでいただきました。
赤米で作ったそうで、紹興酒みたいな、不思議な日本酒でした。


14032905.jpg

その頃キッチンでは、
着々とお食事の準備が進んでいますよ。
「桃の節句のお祝い膳」。
お雛様らしく、今日はひときわキレイですね。
春は、緑のお野菜がみずみずしく、勢いを感じます。


14032906.JPG

2本目はこちらのお酒。
栗原市の荻野酒造さん「日輪田 純米吟醸蔵の華」です。
テツさん、いつも美味しいお酒をありがとう!!


14032907.JPG

そして、和ごころ伝承協会の横山さん。
細かいところまで、手のこんだおいしいお料理を作って下さって、
お客様はもちろん、スタッフまで感激しきり。


14032908.jpg

今日のメニュー、
左のお皿の上は、(ご主人が釣って来たという)メジナの菜種和え
反時計回りに、菜の花のかぼす胡麻和え。ふきみそ。
三色団子(実はポテサラ)。
なすの揚げ煮。たけのこの直かつお煮。若鶏の照り焼き。
ひなちらし寿司。
上が不断草の春炒め。
そして、若竹のお吸い物です。
お酒は、宮城県大崎市 新澤醸造さんの「伯楽星 純米吟醸」。


14032909.JPG

いやー、今日もたくさん飲んで食べて、盛り上がりましたね。
最後、お着物ガールズでパチり!
レンタル着付けして、わざわざ来て下さった方。
新調のお着物を着付けて来て下さった方。
少しづつ、和の心が広がって行くと嬉しいです♡
ありがとうございました!!

次は5月31日(土曜)に端午の節句です。
今回は黒一点でしたが、男子の参加大歓迎ですよ!
お気軽に遊びに来て下さいね。
http://takaranoniwa.com/program/workshop/koyomi.html