5.31 みちくさ部は、ものさしを変えてみる日

みちくさ部長・清右衛門です。

初夏というのには、あまりに暑い今日この頃!
一気に初夏を飛び越えて夏が来てしまったようです。
崖に生える、ケイワタバコもつぼみをつけて準備万端!

140501.jpg

今日は、ひさびさのホール開催ということもあり、
キャンセル待ちの方もおいでいただき、にぎやかな部活動です。
暑さにまだ体が慣れない頃ですから、日陰を選んでいきます。

140502.jpg


まずは、いったん庭を出て浄智寺さんへ下る道すがらでみちくさ。
僕の手に乗っているのは、ヤマグワの実です。
真っ黒に熟したら食べごろですが、まだ少し赤いかな??
いつもいつもお伝えしていることではありますが、
道端にはけっこう、食べられるものがあるのです。

140503.jpg


みんなでヤマグワの木に群がってるの図

140504.jpg


つづいて、僕がしかつめらしい顔で持っているのはユズの葉です。
葉っぱもとてもいい香り...透かしてみれば精油の粒がお星様のように。
この透かす動きってお天気がよくないとできませんから、
今日はうってつけの日です。
みんなで見たら、不思議な光景に。思わずパチリと写真を撮りました。

140505.jpg

140506.jpg

梅雨の主役、アジサイはまだまだ淡い色ですが、
装飾の花と、種を作る花と二つの花があります。
どちらも花ですが、注意深く見てみると、役割の違いがあるのです。

140507.jpg

庭に帰ったら、緑でむせ返るような精気に溢れる植物に、
誰しも圧倒されました。午後の光を受けた草たちの美しいこと!

花はいったん小休止と見せかけて、
実は、イネ科やカヤツリグサ科、イグサ科などの地味な花々が花盛りです。
ただ、緑色なので目立たない...

この日見たこれらの花は、
カヤツリグサ科:ヤワラスゲ、シラスゲ、ヒゴクサ、マスクサ
イネ科:カニツリグサ
イグサ科:クサイ
と、こんなにあります。ありますが、言われないと素通りしてしまうような
ささやかな花ばかりです。

代表して、カニツリグサがこちらです! かわいい!
(いえ、同意してくださらなくてもいいのです)

140508.jpg


畑では、唯一派手めなジャガイモの花が咲いていました。
こうして見ると、なかなか華やかなお花です。
トマトやナスの花を思い出していただきつつ、ナス科の大切さに
思いをはせて頂きました。

140509.jpg


さて、今回のスエさんのおやつは、
外見がちょっと素朴なのですが、
初夏の暑い日にぴったりなレモンとジンジャーのケーキでした!
トッピングのレモンバームも爽やか!

140510.jpg

お天気に恵まれ、あっという間に過ぎた2時間あまりでしたが、
今回は、自然を見るものさしを強く意識してみました。
葉っぱのつき方の法則や、葉を透かしたとき何が見えるか...
わずかな視点や動きの変化ですが、景色を見る目を少し変えると
もっと面白いものが見えてくるはずです。

次回、6月29日(日)のみちくさ部は、「梅雨だから、イワタバコ三昧」で、
満開のはずのケイワタバコを堪能していただきます。
うまくすれば、ヤマユリも咲いているはず! どうぞお楽しみに!
http://takaranoniwa.com/program/workshop/michikusa.html

今回の写真は、ヤングみちくさ部員・あいちゃんが撮影してくれました!多謝!