伊那食品工業さんご協賛!寒天づくしの和菓子講座

140712a.jpg

7月の和菓子講座は、水まんじゅうを作ります。
水まんじゅうとは、岐阜・大垣の名物なんですね。
本場では葛とワラビを使って固めるそうですが、
手毬さんでは寒天で作ります。

140712b.jpg

暑い日でしたが、かわいい女子たちが集まってくれました。
このごろ、新しい参加者さんが検索して来て下さることも増えました。
「やっと席が取れました!」
なんてコメント、嬉しいですね。


140712c.jpg

まずは先生のデモンストレーションから。
今回は、"かんてんぱぱ"で有名な伊那食品さんの「水まんじゅうの粉」を使います。
お鍋で溶くだけ。
とっても簡単に作れます。


140712d.jpg

3人一組になっていただいて、お鍋を囲みます。
ポイントは、トロトロの加減を見極める事。
こういうタイミングをつかむのは、
実際にお教室で体験していただくのが一番ですね。


140712e.jpg

さすがは手毬さん。
水まんじゅうの餡もカラフルです。
赤、黄色、緑、こげ茶の4色展開!
まるめた餡を、流した寒天の上に置いて、さらに寒天をかけます。


140712h.jpg

フタをしてひっくり返して、このまま冷まして完成!
この4色、中味はというと、
緑=抹茶、黄色=レモン、赤=山もも。
そして焦げ茶は、コーヒー餡。
どれも絶対美味しい!!


140712f.jpg

ここで、本日のスペシャルゲストの伊那食品工業のKさんご登場。
ヘルシーな寒天のお話をしてくださいました。
寒天とは、海藻の「テングサ」「オゴノリ」から抽出した天然食材。
成分のほとんどが食物繊維で、もちろん低カロリー!


140712g.jpg

たくさんのサンプルも見せていただきました。
粉になっているもののほか、
シート状になっているものもあり、
カップ麺の具のとろみを出すのに使われているのだとか。
なにより、天然成分というのが嬉しいですね。


140712z.jpg

今日はなんと、伊那食品さんのご提供により、
寒天のお土産付き!!
レシピブックもついているので、寒天初心者さんでもバッチリ。
おうちに帰って、さっそく作りました!という声もいただきました。


140712i.jpg

本日のサプライズランチも寒天づくしです。
サラダ寒天をまぜた明太子サラダ素麺や、
梅肉に寒天を和えてとろみを出したフライ用ソース、
ピックに刺さった星は、サラダドレッシングを寒天で固めたものだそうです。
手毬さんのアイデア、ご家庭でも役立ちそうですね。


140712j.jpg

最後、デザートは、黒糖が入った寒天で作った水まんじゅうをいただきました。
はったい粉(麦粉)をかけていただいたら、
それはもう、最高にスペシャルなお味。
寒天万歳!ご馳走様でした!!

8/5火曜に、子ども和菓子講座を開催します。
おなじく伊那食品さんご協賛による、寒天を使った冷たい和菓子。
お土産もありますよ。
ふるってご参加ください!!
http://takaranoniwa.com/program/workshop/natsuyasumi.html