10.19 みちくさ部は、秋・爛漫!

みちくさ部長・清右衛門です。

10月のみちくさ部は霜降のちょっと手前...
9月のまだ初秋という雰囲気から
秋本番という風情に変わってきています。
春も、夏も変化することは同じですが、
秋は「秋の日はつるべ落とし」というだけあって、
足早にその姿を変えていきます。

さて、今回の特集はこちら。
鎌倉の秋に欠かせない花、ホトトギスです。

141001.jpg

まるで草間彌生のアートのような水玉に、なんとも奇っ怪な、形。
一度見たら忘れられない強烈さです。

園芸でよく植えられるのは、タイワンホトトギスとの雑種のほうで、
葉の脇に1、2個花がつくホトトギスに対して、
枝先にたくさんの花をつけるのが大きな違いです。
ご近所のKeikoさんに、ひと枝頂いて、違いをご説明!

141002.jpg


さて、ホトトギスをはじめとして一筋縄でいかない花ばかり咲いている
秋のたからの庭。たとえば、ハナタデは今が満開...ん??

141003.jpg

どこが咲いてるかって? いやいや、ルーペで見ないと分からないけど、
ちゃあんと、小さいな花が咲いているのです。

絡まり合った藪の中で妖しく咲き競う秋の花々。
すっきり爽やかというよりは、ちょっと妖艶な、大人の魅力。
それがみちくさ的秋の魅力です。


141004.jpg

山を登れば、これまた一筋縄ではいかない、ヤマトリカブトがもじゃもじゃっと咲いています。
幸い、東北のに比べて関東のは毒が弱いそうです。
これも鎌倉の山では至る所に見ることができます。

141005.jpg


とくと見てみると、なんだかウルトラマンの怪獣のようでもあります。
そんな形なのに、この鮮やかで透明感のあるこの色。
ちょっと敷居の高いオートクチュールのようでもあります。

141006.jpg

日常を送っていて、こんな危険なものと対峙することはあまりないかもしれません。
けれども、他の危険なものと同じように、実はすぐ近くにあります。
人間には危険でも、虫はちゃんと蜜を吸いに来るし、葉を食べる虫もいます。


141007.jpg

カラフルな花ばかりと思いきや、真っ白なのもいます。
サラシナショウマです。花弁とガクはさっさと落ちてしまい、
雄しべだけが、ふさふさ主張しています。ちょっとだけ毒ですが、
新芽を水にさらすと食べられるので「さらし菜」ショウマといいます。


山を上がれば、これまた宇宙人みたいな怪しげな花が...
粘液でべたべたするメナモミです。

141008.jpg

うわー!かわいい!きれい!というのとは縁遠い花ですが、
まるで夜の町で妙に気になるバーかなにかを見つけたような雰囲気を醸しています。

けれども、花を1つ帽子につけてみるだけで、急にかわいげが湧いて来るから不思議です。

141009.jpg

と、こんな感じで、この日は庭をまったく出ないで、庭に引きこもって植物に耽溺したみちくさ部でした。
お菓子で例えたら、和菓子というよりは、ずっしりとしたパウンドケーキのような...

と思いながら、スエさんの今月のおやつは、
リンゴがごろっと入ったカップケーキ! まさに、求めていた味!

141010.jpg

ケーキを頂きながら、日本中のいろんなホトトギスについて
スライドショー。これまた濃厚な面々ばかり。
たまには、こんな濃いめの味付けのみちくさ部もいかがでしょう?

さて、次回は11月29日(土)、「香り立つ、サザンカ」と題して、サザンカの魅力に迫ります。どうぞふるってご参加ください!

http://takaranoniwa.com/program/workshop/michikusa.html