11.29 みちくさ部は、サザンカと晴れ女パワー

みちくさ部長・清右衛門です。

11月のみちくさ部は、
たからの庭に3本ほどある大きなサザンカにちなんで
「香り立つサザンカ特集」です。
大ぶりなツバキと違って少しはかなげなサザンカですが、
ツバキに負けず劣らずさまざまな品種があります。

14112901.jpg

29日は生憎の雨模様...
だんだんと上がるという予報を信じてスタートします。
サザンカは浄智寺谷に沿ってたくさん植えられていますので、
「寶所在近」の扁額のある浄智寺山門下で集合しました。
さあ、サザンカたくさん見ますよ!

と、思ったらいきなり脱線はかわいいかわいいヤマミズの実。
葉の大きさはわずか5mm強。雨に濡れて瑞々しさが増しています。

14112902.jpg


気を取り直して、
傘をさしながらながら、サザンカを見上げます。
こちらは「富士の峰」という名品種。
たぐり寄せて香りを確かめると、すこし癖のある強い芳香があります。

14112903.jpg

14112904.jpg


なかなか雨がやまないでやきもきしてたら、
みちくさ部史上、
もっとも遠く(なんとニュージャージー!)からのお客さまTさん曰く、
「もう、晴れるわよ」と、断言されました! そんなそんな...

と、思っていたらそう言うが早いか青空が!すごい!
晴れると言えば晴れる...これがほんとうの晴れ女さんなのですね...

14112905.jpg


浄智寺谷はサザンカはもちろん、まだまだ紅葉が美しく。
紅葉のしくみについてもお話ししました。
サクラもそうですが、木についているうちはもちろん、
散る様も散ってからも美しいですね。
ことしは急激に寒くなったので、とてもいい色に染まっています。

14112906.jpg

14112907.jpg


そして、木だけじゃなく、草もしっかり「もみじ」しています。
紫外線が当たらないので、黄色やオレンジが多いですが、
木と草と両方で楽しめるなんて、とても贅沢な感じがします。

14112908.jpg


崖を見ると、あんなにケイワタバコの葉で覆われていたのに、
すっかり枯れて冬姿に。でも、しっかりと春の準備をしていました。
葉を持っているのは、国内最遠記録の岩手花巻からOさんです。
今日は遠方からおいでいただいてありがたい限りです。

14112909.jpg

14112910.jpg


サザンカの園芸品種には3つの群があります。

純粋なサザンカの「サザンカ群」、
ツバキとの雑種「ハルサザンカ群」「カンツバキ群」の3つです。
たからの庭のサザンカはどうやら「ハルサザンカ群」が多いようですね。
原種より、長い期間楽しめるのが特徴です。

観察していると、強めの芳香に誘われてスズメバチがやってきます。
強い香りを好むのは、最強のハチでした。
花はちゃんとパートナーを考えて香りを決めているようです。

14112911.jpg


さあ、すっかり冷え冷えの身体を温めるべく、
ホットの豆ヨガ茶に、スエさん特性のスイートポテトケーキです。
サザンカにどう関係が...と思っていたら、
「垣根の垣根の曲がり角 焚き火だ焚き火だ落ち葉焚き」
「サザンカサザンカ咲いた道 焚き火だ焚き火だ落ち葉焚き」
と、ご存知「焚き火」から連想したそうです。
甘さ控えめで、ごろっとお芋が入っていてよいお味!

お茶を飲みながら、歴史談義もして心も晴れ晴れとしたみちくさ部でした。

14112912.jpg


次回は、12/23(祝)です。クリスマスにちなんだ植物を特集します!
http://takaranoniwa.com/program/workshop/michikusa.html