6月の和菓子講座は、アジサイ満載!

150609.jpg

鎌倉の町が、アジサイの花であふれかえる季節。
たからの庭のアジサイの見頃はもう少し先だけど、
手毬さんがキラキラのアジサイをたくさん咲かせてくれました。

150609a.jpg

3回目となったプレミアムクラス。
火曜日担当は久保先生です。
初めてご参加の方も、ベテランさんもご一緒に
わくわくのアジサイづくりをしていきます。


150609b.jpg

今回は、寒天を煮とかすところから。
いくつかポイントがありますので、
みなさん書きとめながら先生の実習を見守ります。


150609c.jpg

できあがった寒天に色素をくわえて
アジサイらしい色を作っていきます。
美術の時間を思い出しますね。


150609d.jpg

パッドに貼って、冷蔵庫で冷やすと、
こんなぷるぷるのゼリー状の板が出来上がり!
これが錦玉羹です。
かすかに色づいているのが見えますか?


150609e.jpg

錦玉羹をくずすのは、漉し器を使って。
上から体重をかけてグイッといきます。


150609ff.jpg

ピンク、水色、紫、ブルー・・
アジサイらしいカラフルな錦玉羹が揃いました。
これだけでもテンションがあがります!


150609g.jpg

お好みで手にとって、
練り切りを包むようにすると。。


150609h.jpg

キラキラのアジサイの完成です!
みなさん、こだわりの色づかいでキレイに仕上がりました。


150609i.jpg

ココから先は、おたのしみのサプライズタイム。
お料理の浅田先生とともに現れた瓢箪型のお重に
みなさんビックリ。


150609j.jpg

ひとつひとつ開いてみると、
それはそれはキレイな和菓子懐石があらわれました。
●一段  鎌倉野菜の紫陽花シュウマイ
●二段  塩えんどうの水無月
●三段  梅酢の手毬寿司三種(茗荷、海老、いか)
●四段  ナスの揚げ浸し
       プチトマトの梅酢漬け
       大人のポテトフライ(山椒塩和え)
●冬瓜のすり流し
どれもこれも丁寧な味付けで、ジワッと美味しいのです!


150609k.jpg

デザートは、御園井先生がライブで作ってくれたアジサイをいただきました。
ご馳走様でした!
アジサイフィーバーの下界(?)の喧噪を忘れて、ゆったりと和の美味しい時間。
最高です!

7月のプレミアム講座は11(土)と14(火)、
午後2時からの部に残席がございます。
ぜひ!
http://takaranoniwa.com/program/workshop/wagashi.html