彩り美しい、11月の和菓子講座

151110a.jpg

11月の和菓子講座は、こちらの落ち葉を作ります。
鎌倉の紅葉の本番は、11月末から12月上旬ですが、
たからの庭にも赤やオレンジや黄緑の落ち葉が舞い始めています。
まさに、今の風情にピッタリ。

151110b.jpg

今日の材料はこちら。
オレンジに黄色、緑がまざっているあたり、
鎌倉の紅葉ならではの彩りかもしれません。


151110c.jpg

講師は、御園井裕芙子先生です。
火曜日講座、常連さんのお顔が並ぶ中に、
初めてさんもちらほら。


151110d.jpg

いつも丸める作業が中心の練りきり作りですが、
今回は、ぼかしながら広げて形を作っていきます。
ぼかし方と色の使い方で百人百様の落ち葉ができますね。


151110e.jpg

形ができたら、竹串と三角棒を使って
葉脈と葉のキレこみを作っていきます。
みなさんが息を止めちゃう瞬間です 笑


151110f.jpg

今回は、4個の練りきりを作っていきます。
お話しながら手を動かす時間も楽しいですね。


151110g.jpg

オレンジと緑、2種の落ち葉がそれぞれに完成しました!
ひとつは食後にお召し上がりいただき、
3個をお土産にお持ち帰りください。


151110h.jpg

さ、お待ちかね!お楽しみタイムになりました!
和菓子懐石のお重を開くたびに、歓声と笑い声が。
おいしそうで綺麗なものには、みなさん目がありません!


151110i.jpg

今月のテーマは「実りの秋」
一の重*赤飯の黄金俵 稲穂添え
二の重*毬栗の真薯揚げ
三の重*里芋の柚子味噌 公孫樹包み
四の重*秋刀魚と新牛蒡の炊き合わせ
*大根と菊の甘酢和え
*駿河湾桜エビのせ出し巻き卵
お椀 *薩摩芋と栗のすり流し


151110j.jpg

左から、
お赤飯にきな粉をまぶし、おはぎに見立てた黄金俵。
ういろうや求肥で作るぎんなんのお菓子に見立てた里芋の柚子味噌包み。
柚子味噌のユズは、もちろんたからの庭の柚子です‼︎
毬栗の真薯揚げは、
衣の部分がしんじょになっているという手のかかりよう。

手毬の和菓子作りのテクニックを駆使した「和菓子懐石」、
12月は12/8火曜の午後クラスに、若干の残席がございます。
http://takaranoniwa.com/program/workshop/wagashi.html
お気軽にお申込みください!