7月の手毬はひまわりと七夕さま♡

160709001.jpg

7月の創作和菓子のおもてなし講座は、
ひまわりを作りました。
まだ梅雨真っ只中という感じですが
一足先に、真夏のイメージ。
黄色い練り切り、元気になりそうです。

160709002.jpg

今日も御園井先生が教えてくださいます。
ベテランさんたちに混ざって、初めましての方も。
まずは簡単な自己紹介で、場が和みます。


160709003.jpg

さっそく作ってみます。
まずは生地をよーく練ることから。
練ることによって、弾力が出て、生地が伸びやすくなります。


160709005.jpg

今日の一番の難問は、花びらづくりですね。
ひまわりの細くてとんがった花びらを作っていきます。
まずは12等分して、丸い棒を使って花びらのかたちに伸ばします。


160709004.jpg

うまくいかないなーという時は
遠慮なく「ヘルプ!」とお声かけください。
御園井先生が丁寧に教えてくださいます。


160709006.jpg

花びらの形ができたら、
とろーりの蜜をセンターに落として、、


160709007.jpg

ひまわりが出来上がりました!
いろんなひまわりが集まって、
ひまわり畑みたい。
夏が待ち遠しい気分になります。


160709008.jpg


第二部、和菓子懐石のテーマは「七夕」でした。
浅田先生渾身のお料理。
とうもろこしのすり流しがあまーくて美味しかったです。
自然の甘みだけなんだそうです。びっくり!
そして右下のお魚?は、なんと山芋の蒲焼!

160709009.jpg

涼しげで可愛らしい1品は、
小海老とずんだ豆腐の葛饅頭仕立て。
葛まんじゅうのなかに、ずんだのお豆腐。
つるっといただきます。


160709010.jpg

メインの七夕そうめんは、
ジェルでいただきます。
おそうめんを天の川に見立てて。


160709012.jpg

今回はさらにスペシャルなサプライズ。
食後に、新作練り切りの登場です。

160709013.jpg

こちら、名付けて「マーメイド」ですって。
サンゴと貝のイメージ、夏の和菓子にぴったり。
貝の下には、鎌倉の塩で煮たえんどう豆が!
ちょっぴり塩味の練り切り、美味しいです。

こちらは横浜そごうの地下で毎日販売しているとのこと。
売り切れが心配な場合は、どうぞ予約をしてからお出かけください!