「月と日本酒の会」ひな祭りを祝う

170304a.jpg

3月4日土曜「月と日本酒の会」のテーマは、如月と弥生。
弥生3日といえば、お雛様ですね。
今年も、かわい先生のお宅から素敵なお雛様のセットがやって来ました。

170304d.jpg

美味しい日本酒もご用意しています。
左は「十二百」という名の「どぶろく」(武重本家酒造)。
右は純米吟醸の「花垣」(南部酒造場)。
どちらも春らしい乙女なラベル♡


170304b.jpg

今日は、かわい先生のお着物もピンクです♡
お着物でご参加くださった方もいらっしゃいました。
嬉しいですね。


170304c.jpg

まずは、ひな祭りにつきものの「白酒」を召し上がっていただきました。
ひな祭りの歌にも登場するけれど、
一般にあまり売られていない「白酒」。
結構甘〜い!
でもアルコール度数は多いのです。
好きキライが分かれる味だな〜ー。


170304f.jpg

かわい先生のお話は、
暦の不思議から、如月の節分、初午。
そして弥生、ひな祭りやお彼岸のあれこれについて。
毎回、へえーーっというお話が飛び出します。


170304e.jpg

その頃、hanamusubi浅田先生のお食事が完成形に。
メニューは
・豆腐の三色ムース
・菜の花の辛子味噌和え
・鮭の新挽粉揚げ
・春野菜巻 蕗の薹マヨネーズ
・茶巾寿司
お豆腐の三色は、菱餅の色ですね。


170304g.jpg

もちろんハマグリのお吸い物もセットで。
とっても美味しくて綺麗で、
春の苦味も程よく効いたメニューの数々。
お酒が進みました(笑)


170304h.jpg

お食事の〆は、道明寺の桜餅で!
食後には雲もはれて来て、
しっかり旧暦如月のお月様を望遠鏡で観察していただきました。
たっぷりお楽しみいただけたことと思います。

さて、次は5/28土に卯月と皐月です。
「なまめく端午の節句」と題して、
本当は女子の節句だったという端午の節句を取り上げます。
http://takaranoniwa.com/program/workshop/tsuki.html
皆さん、ご一緒になまめきましょーー♪

カテゴリ