#150808

EVENT

旧暦で祝う(日本酒&松花堂膳つき)

十五夜の月に願いを!
9/26土  18時~ 約2時間

【料金】5,000円(お食事、お酒代込み)
【定員】1回12名(要予約/先着順)
【ご注意】迷いやすいので、地図をプリントしてお持ちになると安心です。駐車場はありません。
>>お申し込みはこちら

日本には日本ならではの、心がときめく年中行事・イベントがあります。
秋のメインイベントと言えば、「お月見」
お月さまの動きにあわせた暦(月暦)を使っていた時代、八月十五日の満月、つまり「中秋の名月」を愛でる十五夜は、お月さまを敬い、収穫に感謝を捧げる神聖な儀式でした。

今年の旧暦八月十五日は、9月27日(日)です。
たからの庭では、その前夜、9/26(土)に「十五夜」をお祝いします。
宙の学校のかわい先生が、お月見の意味やお祝いのしかたを教えてくれますよ。
晴れていたら、みんなで「小望月(十四番目の月)」を望遠鏡で観察しましょう!
1508tanabata-hoshi.jpg

お月見の飾り付けと、名月の御膳、おいしい日本酒もご用意して、皆さんのお越しをお待ちしています。
気軽なお洋服でのご参加、お一人様、日本酒を召し上がらない方も大歓迎です!

※雨天曇天時には、プロジェクターを使って月と秋の星座の探し方をお教えします。

【プログラム】
▽ >>宙の学校校長 かわいじゅんこ先生の、月と暦のお話と「中秋の名月」鑑賞会
▽ >>save sake project てつさんの、十五夜を祝う日本酒
▽ >>和ごころ伝承協会 縁さんの、十五夜のしつらいのお話
▽ 和ごころ伝承協会 横山さんの十五夜のお祝い松花堂膳

150926moon-m.jpg

併催企画:14時〜は、和ごころ伝承協会さんのお月見団子作りとしつらいのお話もあります。夜のご都合は悪い方は、こちらへ!

【開催レポート】2015年8月 >>七夕の星に願いを!

お申し込み受付中

9/26土曜 18:00〜 「十五夜を祝う」(日本酒&松花堂膳つき) 満員御礼!

※次回開催予定:H28年2月11日(木祝) 旧暦正月

お申し込みは↓↓↓フォームで
click! form.jpg 

◇参加費は事前のお振込をお願いしています。ご了承ください。
◇携帯の方は、niwanoyoyaku@gmail.comからのメールが受け取れるよう設定して下さい。
◇1-2日待っても返信がない場合は、電話かメールでご確認ください。
◇お申し込みフォームの記入・送信ができない方は、下記メールアドレスに希望日時と人数、電話番号等を書いて送信してください。
メール: niwanoyoyaku@gmail.com
電話: 080-5488-1053

---------------------
【講師】 「かわいじゅんこ」
1508kawai.jpg宙の学校 校長>>BLOG
2009年 フリーのプラネタリウムプランナーとして活動開始。「プラネタリウムの広報宣伝マン」を自負し、多くの人々に星空を見上げる楽しさを広げたいと、初心者向け、女性向けのワークショップや講演も企画している。たからの庭でも、>>「星座とワインの会」が人気沸騰中!別称『元祖・宙ガール』。
■出演:BS朝日『エコの作法』2013.9.13&27OA、テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』2012.3.22OA、朝日新聞『リレーおぴにおん』、読売新聞・家庭欄「空を見よう」湘南ビーチFM『星空リビング』(毎週木曜18:05〜)ほか

【料理・しつらい】「和ごころ伝承協会」 1508wagokoro.jpg
日本の生活文化を次世代に繋げていきたい、和の心を持ち続けたいという思いで、古来から受け継いできた知恵(和ごころ)を後世に伝える活動をしている。人生の節目や季節の変わり目など、伝統的な年中行事を家族で楽しめるプログラムを提案。
■出演:BS朝日『エコの作法』2013.9.13&27

問い合わせ 0467-25-5742(たからの庭)|メール

手毬・椿御膳(要予約) << | EVENT | >> 手作り作品展示会