#101030

WORKSHOP

たからの窯の陶芸体験 Takara Clay Studio

日常使いの器づくり
毎日(予約制)  (1)10時~ (2)11時半~ (3)13時~ (4)14時半~  各約1時間 要予約

【料金】3,000円(材料費込み)※作品の送料別
【持ち物】おてふき、気になる方はエプロンなど
【問い合わせ】050-3570-5742(たからの窯予約専用 10〜16時)

>> English ver.

*詳細は、たからの窯ホームページをご覧下さい
【ご注意】迷いやすいので、地図をプリントしてお持ちになると安心です。駐車場はありません。

粘土型を使って、日常づかいの器を作る陶芸体験です。
ロクロと違い、初めてでも簡単にオシャレなうつわを仕上げることができます。どなたかのプレゼントにしてもステキですね。
粘土を追加(+1500円)すると、カップやボールなど、その他のお好きな形も作れます。当日、講師にご相談ください。(状況によっては、お受けできない場合もございます。)

tougei-satsuei.jpg

*完成作品の引き取りについて
作品の完成は1ヶ月半〜2ヶ月後、宅配便でお送り(送料600円〜900円)いたします。たからの庭ギャラリーでお渡しは、鎌倉市内在住の方に限らせていただきます。

【内容】
すきな形の粘土型を選び、粘土を平たくのばして形を作ります。庭の草木を押しあてたら、白い粘土を上から塗り付けます。上手く型から草木を外したら模様がうつわに現れて完成です。
作業は約1時間ほどなので、観光の途中にでも気軽にお立ち寄りいただけます。後日、こちらで焼きあげて完成した作品をご自宅にお送りいたします(送料600〜900円)。
世界にたったひとつのオリジナルな器。お手元に届いたその日から、食卓のうえで大活躍することまちがいなし!

tougei-regular.jpg

たからの庭は、昭和10年頃から40年代にかけて女流陶芸家の作陶工房としてにぎわっていた場所です(>>参考)。敷地内には当時の名残の大きな薪窯や、赤煙突が残っています。たからの庭を囲む自然の気を感じながら、窯小屋の中の作陶スペースで、土と対話する時間をつくってみませんか?

■取材:文化出版局『ミセス』、BS朝日『極上空間』、フジテレビ『ONE hour sense』、FM横浜『この街のたからもの』、マガジンハウス「Hanako」#994ほか
たからの庭Blog[陶芸部長、雑誌「ミセス」デビュー!]は>>こちら
たからの庭Blog[5月の陶芸体験]は>>こちら


youtube-togei.jpg▼たからの窯の「陶芸体験」のようすを、カナダ人のクルーが素敵な映像(2分50秒)にしてくれました!
たからの庭の雰囲気が伝わる、おだやかですばらしい作品です。ぜひ>>クリックしてご覧下さい!



watanabeyoko.jpg【講師】「渡邊庸子」
横浜共立学園中・高等学校卒業。
多摩美術大学卒業。
大学時代に陶芸を始めるが卒業後は広告の仕事へ。
五年前に再び目覚め、現在は自宅の轆轤で日々作品づくり。
toyotarei.jpg【講師】「豊田 麗」 Español disponible
ときわ工房主宰。鎌倉市在住。
神奈川大学外国語学部スペイン語学科を卒業後、愛知県立窯業高等技術専門校を修了。瀬戸の絵付工場や横浜の陶工房での勤務、スペイン・バルセロナの陶工房アシスタントなどの経験を経て、現在、地元の陶芸教室に勤めながら作陶にいそしんでいます。自然や猫をテーマにした、やさしい作品を数多く発表しています。
fuzimura.jpg【講師】「藤村 亮太」
陶芸家 小川待子に師事
mstsukamoto.jpg【講師】「北村直美」English available
『花と陶芸のアトリエ』つぐみ工房*花の駅を夫婦で主宰。秦野市在住。信楽県立陶の森アーティストインレジデンス、コロラド大学大学院美術研究科を修了後、ニューヨーク市立大学やミシガン州の母校で講師を務める。2009年に拠点を日本に移し、2010年に日本での初個展を開催。花屋さんの傍らで、おうち工房での出会いを大切にしながら、花や鳥をテーマにした作品を制作している。アメリカの陶芸雑誌Ceramics Monthlyライター。
【講師】「木村春佳」ほか

--------------------------
お問合せ・ご予約は >>たからの窯ホームページから

またはメール: taiken16@takaranokama.com
電話: 050-3570-5742(たからの窯予約専用 10〜16時)

 【1.希望日】ご希望の日をお知らせください
 【2.希望時間】  (1)10時〜 (2)11時半〜 (3)13時〜 (4)14時半〜 
 【3.人数】
 【4.お名前】
 【5.お住まいの地域(番地不要)】
 【6.当日連絡のつく電話番号】

◇申し込み締め切り 希望日の3日前まで。空きがあれば、当日でも受け付け可能な場合があります。
◇こちらから折り返しご連絡いたします。1-2日待っても連絡がない場合は、メールのトラブルの可能性があります。電話でご確認ください。

--------------------------

Takara no Niwa Clay Workshop

A Simple White Bowl for Daily Use
4 Sessions given daily on reservation bases:
  (1)10am〜 (2)11:30am〜 (3)1:00pm〜 (4)2:30pm〜
  (Each session takes about 1 hour.)
Price: 3000 yen including material
(plus small mailing cost if you would like us to send the piece to you.)
Sponsored by: Keyaki Kobo

This is a one time trial lesson to create a daily use pottery using a plaster mold. Unlike wheel throwing, anybody can make a stylish bowl easily! Could be a nice present for your special someone?

Process
Pick a plaster mold shape that you would like and press the clay onto the shape. You could add decoration on surface if you would like. The actual process takes only about one hour, so please stop by on the way to your sightseeing in beautiful Kamakura. We will fire your creation and deliver it to you on a later day. We are sure that the one and the only your hand-made bowl will brighten your dining table from the day it is delivered to you!

About Takara no Niwa
Takara no Niwa was a studio for a female ceramic artist around 1935 to 1960s. There is still a wood kiln and a red chimney left from that time. Since last fall, we created a small workshop space by the wood kiln for people to casual enjoy the pottery making. Feeling the nature surrounding the garden, why don't we spend a little time to have a dialogue with clay?

For Inquiry and Making Reservations
Please contact taiken16@takaranokama.com with the following information in your mail:
(1) Date of your choice
(2) Session of your choice (See above)
(3) Numbers of people
(4) Where you are coming from
(5) Phone number that we can reach you on the day of the workshop

Please make the reservations at least 3 days prior to the date of your choice. We will reply to confirm your reservation within a couple of days. If you do not hear back from us, please contact us again in case there is a mail trouble.

問い合わせ 0467-25-5742(たからの庭)|メール

たからの窯 季節の陶芸ワークショップ << | WORKSHOP | >> 和たから講座・月と日本酒の会