STORY

北鎌倉「円」の女将さんのお話

北鎌倉「円」は、北鎌倉駅を出てすぐ左手にある懐石料理店です。 上品な和食をいただけるお店としてミシュランにも掲載された、鎌倉を代表するお店の一つです。 その「円」の女将さんより、「お返ししたいものがあ...

講座 開催レポート(バックナンバー)

2010年から、たからの庭が主催して開催している「和たから講座」。 「和のこと」「自然のこと」をテーマに、 毎月定期的に開かれています。 バックナンバーをまとめました。  和たから講座[和菓子をたしな...

【たからの庭】のヒストリー

浄智寺さんの敷地の奥に、人知れず佇んでいた古民家。 私たちと出会う前の「たからの庭」は、一体どんな場所だったのか。 私たちが「たからの庭」をどんな風に開拓し、再生してきたか。 写真と文章でお伝えしてい...

1.鎌倉市山ノ内 字金宝山

 鎌倉時代の浄智寺は、今の円覚寺に匹敵するほどの規模があり、【たからの庭】の敷地もその境内の一部でした。浄智寺は室町時代まで隆盛を極めましたが、江戸時代に鎌倉が衰退し海沿いの寒村となるに従って、この一...

2.「東勇作バレエ團」

 女性陶芸家である久松昌子氏が当地に窯を築いたのは、昭和10年頃。  この古家が建てられたのは昭和15年。ろくろ廻しの名人と言われた小城久次郎氏が窯場に住み、久松さんは東京から通われていたそうです。久...

3.「鎌倉陶園」

 戦後、仕事を再開した久松さんのもとには、日本の陶器に興味をもった外国人が多数訪れました。昭和21年には、画家の藤田嗣治(ふじた・つぐはる)氏の訪問を受け、フランス風のディナーセットの製作を請け負った...

4.「たからの庭」として

 その後、久松さんのお子さんにあたるご夫妻が当地を継がれ、別荘として丁寧に維持されてきましたが、ご高齢のため数年前に浄智寺に借地をお返しになりました。  これだけ敷地が広いと草刈りだけでも大変な労力で...

5.みんなの古民家

 「たからの庭」のコンセプトは「みんなの古民家」です。  便利で安全な生活に慣れてしまった若い世代には、「古民家」という響きは一種の「あこがれ」の対象になっていますが、実際には、古家や庭の維持には考え...

参考)『金寳山 浄智禅寺』関口泰 著 より

現「たからの庭」、元陶芸家・久松昌子さんのアトリエ「鎌倉陶園」が誕生した頃の浄智寺の歴史を、朝比奈宗源老師が書かれていました。古い本なので、いまのうちにデータにしておくことにしました。宗源老師(現・朝...